diary

夢幻花 (東野 圭吾 PHP文芸文庫)

without comments

家の本棚に置いてあった本。ミステリー。

ものすごくざっくりいうと、鉢植えに咲くめずらしい花をめぐるお話。まぁ何がすごいって、いくつものエピソードが絶妙に絡み合って最後収束してく感じと、最後の最後まで犯人がさっぱりわからないっていうのがすごいです。感動すら覚えます。売れてる作家さんっていうのはやっぱり理由があるんだなぁなんて思いました。

細切れの時間に少しずつ読んだので、なんか私の頭のなかでは途切れ途切れな感じで綺麗につながってないんですよね。時間が取れるなら、ぐわーっと一気に読んだほうが面白いと思います。おすすめです。

Written by Kei

January 26th, 2017 at 8:15 am

Posted in Book

クローバー・レイン (大崎 梢 ポプラ文庫)

without comments

家の本棚の上に置かれていた本。

大手出版社に勤める本の編集者が、最近売れてない作家の手元にある面白い原稿を見つけ、なんとかしてこれを出版して世に出そうと奮闘する話。本に対する熱意が伝わってきて気持ちよかったのと、描かれている本の編集や営業といった仕事が純粋に知らない世界で、読んでいて面白かったです。

作中で出てくる原稿のタイトルは「シロツメクサの頃」というのですが、これ、実際に元になった作品とかひょっとしてあるのかな。こんなに面白そうに書かれると、なんとか読んでみたいなぁという気持ちになります。

Written by Kei

January 26th, 2017 at 8:01 am

Posted in Book

煙突の上にハイヒール (小川 一水 光文社文庫)

without comments

たぶん、どなたかのmoving saleで貰ったか買ってきたかした本。

短編5つが入っていて、そのうち4つが、あと10年20年したらこんな感じで実用化して普及するんじゃないか、というテクノロジー/ガジェットとテーマにした作品です。テクノロジーの説明が多かった気がするのですが、読んでいてい技術的に破綻した感じが全然なかったのが気持ちよかったです。とここまで書いておいて、一番面白かったのは実は最後のテクノロジーあんま関係ない話でしたw 話はどれも読みやすくて、寝る前にちょっと読むのにいい感じです。

この著者の作品ははじめて読んだのですが、調べてみたら宇宙モノの本格的なSFなどを多く書かれている方らしいです。こういったテクノロジー絡みの話がこなれている印象を受けたのも納得です。機会があれば、別の作品も読んでみようと思います。

Written by Kei

January 7th, 2017 at 8:13 am

Posted in Book

Punks N Geezers 0-3 Lunchables (Semifinal, 2016 Summer)

without comments

O: Paul, Jason, Rod, Mike, Kei
G: Lewis

Cameronが体調悪くて帰っちゃって、Markusも用事があって帰っちゃって、と、疲れが残っている上に人が少ない状態で2試合目へ。2ピリ以降はこちらの足が完全に止まってしまっていました。

3点追いかける状態での3ピリ開始直後、ようやくPaulがゴールを決めたと思ったらそこでホイッスル。なんでも、ゴールの直前に向こうにファールがあったとかでノーゴールに。向こうにファールがあってその直後にゴールなので、これはゴールとjudgeしてもおかしくないはず。この判定にPaulとMikeが完全に切れて、散々文句言ったあげくやってられんとロッカーに帰っちゃいました。この時点でSkaterが4人を割ってこちらのforfeitに。なんとも煮え切らないプレイオフの幕切れでした。

Written by Kei

August 23rd, 2016 at 1:17 am

Posted in Hockey - Tue D5

Punks N Geezers 4-3 Assasins (Q-final, 2016 Summer)

without comments

O: Paul, Markus, Jason, Cameron
D: Rod, Mike, Kei
G: Lewis

プレイオフ初戦。もつれた試合展開で、でも私がめずらしくバックハンドでゴールを決めたりして、同点のままOTへ。長い試合になるかな〜と思ってたら、こちらがいい感じでbreak awayして、一番トップでフリーでいた私はそのままバックドアにセットアップ。Mikeが逆サイドからいい感じで突っ込んできて、ゴール前でこっちにパス。完璧なタイミングでワンタイマーで合わせて、相手ゴーリーの肩口に叩き込んで試合終了でした。

FinalでOTで決勝ゴール、ん〜、実に気持ちよい。同日、引き続き準決勝へ。

Written by Kei

August 23rd, 2016 at 12:07 am

Posted in Hockey - Tue D5

Punks N Geezers 4-8 FIST (10th, 2016 Summer)

without comments

O: Paul, Markus, Ben, Cameron
D: Rod, Mike, Kei
G: Lewis

実は腰をやっちまいましてしばらく試合から遠のいてたのですが、やっとよくなったので久しぶりの試合でした。試合の勝ち負けはともかく、自由に滑れてスティックを振り回せるって、なんて幸せなんだろうっていうのを実感した試合でした。3ピリには、ゴール前に走りこんだ私にCameronから絶妙なパスがきて、本当に軽く合わせただけ、という実にチームプレーぽいゴールもありました。やっぱ楽しいわホッケー

Written by Kei

August 16th, 2016 at 5:19 am

Posted in Hockey - Tue D5

Punks N Geezers 2-9 Balls of Fleury (6th, 2016 Summer)

without comments

O/D: Paul, Markus, Ben, Rod, Kei
G: Lewis

たしか、5人くらいしかいなかった気がする。1ヶ月も前の試合はさすがに思い出せないな〜忘れる前にちゃんと書いとかないとな〜。

Written by Kei

July 19th, 2016 at 5:31 am

Posted in Hockey - Tue D5

Punks N Geezers 3-7 Assassins (4th, 2016 Summer)

without comments

O: Paul, Markus, Mike
D: Rod, Dan, Kei
G: Lewis

確か相手チームはスケーターが4人しかいなかったんだけど、負けたな〜。

Written by Kei

July 5th, 2016 at 6:46 pm

Posted in Hockey - Tue D5

チェーン・ポイズン (本多孝好 講談社文庫)

without comments

帰国する人のガレージセールで買ってきたんだかした本。本棚においてあったのでついつい読んでみた。

自殺の動機があってから1年後にアルカロイド系の毒物で服毒自殺をする、という事件が同時期に3件起こり、それを不審に思った雑誌記者の人がその真相をつきとめていく、という話。この人の本は多分初めて読んだけど、ノリやテンポが結構好きかも。オチはなんとなくなんだかなーな感じだったけど、面白く読めました。

それにしても、久しぶりに本読みました。やっぱり本はいいねぇ。

Written by Kei

June 25th, 2016 at 7:31 am

Posted in Book

パラソル

without comments

IMG_1324

だいぶ前のどなたかに頂いた庭のパラソル、あちこち壊れていいかんげんひどかったので、新しいのを買いました。青い色はチビさんの指定。

IMG_1326

なにが一番嬉しかったかって、パラソルの青がまぶしくて、おかげで昼間はバスルームがものすごく明るくなったこと 🙂

Written by Kei

June 23rd, 2016 at 7:56 pm

Posted in Diary