新車を買う

アメリカで新車を買う場合、まず、欲しい車が決まったら、Invoice と MSRP の価格を調べます。Invoice は、メーカーがディーラーに卸した値段、MSRP は、メーカー推奨の小売価格です。当然ですが、Invoice より MSRP のほうが高いです。

Invoice や MSRP の値段は、以下のサイトなどで検索することができます。

この情報を元に、ディーラーまわりをすることになります。人気のある車(Priusなどが今は人気)は、MSRP 以上の値段をつけてくることもザラですし、逆に、次の年の新車が出てくる寸前や新車が出た直後などは、ディーラーとしてもどうしても古い型を売り切りたいので、Invoice の値段になることもしょっちゅうです。基本的に、ディーラーはそれぞれ勝手に自分達で仕入れた手持ちの車を売るだけなので、ディーラーによってかなり値段に開きがあることも多いです。アンテナを張り巡らし、値段をこまめにチェックを入れることが、狙った車を安く買う一つのポイントといえるでしょう。

私の個人的な経験なのですが、アメリカの車のセールスマンは、かなり強引でしつこく、しかも話術に長けていて、捕まえたら最後、買うまで離さない勢いで畳み掛けてきます。特に、アメリカに来たばかりで、英語があまり慣れてないときにこれをやられると、かなり参ります。「いつの間にか買っていた」なんて話もよく聞きます。最近では、「Webサイトで調べた値段でオッケー」なんていうあっさりとしたセールスマンもいると聞きますが、ディーラーに行くときはまず、「No なら No ときっぱり断る」という気持ちを持って行ったほうがいいと思います。

値段の具体的な交渉方法については、以下のリンクが参考になります。

私は、あまりセールスマンが好きではないので、このあたりのことについては実はあまり詳しくありません。私が利用するのは、 日本語でサービスを行っている San Francisco Fleet & Leasing というカーブローカーです。見積もりや相談が日本語で出来るのがなにより楽ですし、親身でしつこくなく、他と比べても割と安い価格が提示されることが多いので気に入っています。ディーラーを練り歩いて交渉するその労力と時間をお金で買う、と思える人にはお勧めです。値段を聞くのはタダなので、もし、サンフランシスコやロスアンゼルスに住んでいるのであれば、選択肢の一つに考えてみてもいいのではないでしょうか。

アメリカで新車を買ったときに、一番びっくりするのは、買ってその日に自分で運転して帰れる、ということだと思います。車には仮のナンバープレートとして紙切れがフロントガラスに貼ってあって、本物のナンバープレートが届くまでは、それで運転できます。アメリカでも車の保険は必須ですが、それも、事前に保険やさんに連絡しておけば、後追いで保険を掛けてくれます。自分の住所さえあれば、車庫証明も必要ありません。さすが、広い国土、車社会、といったところでしょうか。あ、あと、愛車セットがついてこないのにも、ちょっとびっくりしました。洗車道具などが欲しい人は、カー用品店で買いましょう。

新車を買う」への2件のフィードバック

  1. hidekoji

    ディーラーの仕入値段(Invoice Price)まで分かっちゃうんですね~。さすがアメリカ。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>